« 2012年7月31日 | トップページ | 2012年10月1日 »

2012年8月27日

2012年8月27日 (月)

シーズン真っ盛り?!連続出張・・・・orz

Img_2250 そんなことより夏休み・・・・。

と言っても、お休みなんて私は取れるわけも無く、問題は周りが休み=部品手配が止まっちまうわけです・・・・。

そんな中、レースシーズン真っ盛りな昨今は、出張無ければ作り物でテンヤワンヤな状況でございます(汗)

GT菅生が終わってから、エボ10のS耐用前後ブレンボ・キットのワンオフ製作にかかりました。

S耐用って事は、お盆を挟んで8月末辺りには実戦使用ということなんで、これまたタイトな日程ですよ・・・・。

Img_7753 んで、合間にMAX織戸さんからD1号のちょっとした加工依頼を受けまして、製作っした・・・・。

私は#86担当ですが、チームJLOCとして、GTではすぐ横で#88のドライバーですから、GT菅生で加工打ち合わせな感じで、ボチボチやりました。

これも、テスト走行したいと言う日程もあり、結構タイトな日程で製作しましたね。

なんで、みんな休むんでしょうね(笑)

仕事ですよ!!し・ご・とっ!!休める時に休めばいいじゃないですかっ!!仕事あるうちが花ですね。がんばりますよぉ~!!

Img_2935_2 で、そうこうやってるうちにGT鈴鹿なんですけど、実はその前の週にS耐テストが鈴鹿でありました。

11、12日で鈴鹿でした・・・・。

えぇ、お盆真っ盛りにハイエースで鈴鹿です・・・・orz

かなり早めに出たにも関わらず、思いっきり渋滞に嵌りましたけど、下道に逃げてナビの最短距離検索で知らない峠道全開でエキサイティングな出張は面白かったですww

そんなことより、まずはポッカ1000キロですね・・・・。

残念ながら、ミッションブローでリタイヤになってしまいました・・・・orz

GTは与えられたアイテムでいかに攻めるかを常に考えておりますです・・・はい・・・・。

Img_4448 で、鈴鹿S耐テストの間にアルマイトヘベルを出しておきました。

いかに工場で仕事が出来る間に効率良く仕事をするかを常に考えとおかないと、絶対間に合わない日程ですよ・・・これまた・・・・。

GTポッカは、さすがに撤収がかなり夜遅くになるので、泊まりにしまして、帰ってきてからブラケットの製作に入りまして、見事にコンプリートです!!

これ、前後って結構大変なんですよ

Img_7557 しかも、フロントはでかいことででかいこと

ブレンボの6ポット、モノブロックでキャリパー取り付けピッチは205ミリだったかな????そりゃ、今までやってきた中では最大級な感じのブラケットになりました。

えぇ、レースばっかじゃないんですよ!!

あれやこれやいっぱい仕事してるんです。

と言いつつ、レースばっかりなんですけどねww

だって、レースしたいですから!!

Img_6035 そんなこんなで、何とか形になって、S耐っすよ・・・・。

チームトレーシーは全部数えたら7台????8台????

まぁ、関係車両も入れての台数ですが、今回はSKR車両もデビューっす!!うれしい限りっ!!

と言いつつ、何台やるのってな感じでしょww

正直、良くわかってませんが、まぁ、大変なのは間違いないっす。

で、メインのKOTA・RACINGはヨーイドンで早々に事件発生で2台終わっちまいました・・・・orz

で、IS350もなんだかんだで早々に終了しちまいまして・・・・。

でも、SKR号は元気に走ってます!!

Img_9943 岡山でトレーシーと言えば、バーベキューなんですが、今年も大所帯なのはお分かりの通りでして、最後にゃブルー青木選手が調理担当に?????

C-WESTさんとも勝手知ったる仲でございますが、合流バーベキューでして、C-WESTのエボ10には青木さんが乗車。

なんだか、GTでも先週会ってますから、数日後に合流と言うのが周りのみんな同じ感じww

まぁ、グチャグチャですね・・・・・

料理の話じゃないですよww意外と意外に、美味しかったですよ!!まぁ、ただ焼いただけですけどww

Img_9330 そんなこんなで、いろんなことがありましたがSKR号は無事にゴールとなりました。

結局、#38と#42が無事にチェッカーを受けました。

でも、これだけ熱い状況でのレースは車にも相当ハードです。

運転手さんも大変ですが、色んなトラブルがありえる状況でしたので、実は細かいトラブルも2台とも抱えながら、何とかゴール出来たのは、ひとまずOKでしょう・・・・。

さてさて・・・・今度はGT富士ですね・・・・。また、連続出張になりそうなので、レポートあげられるときにあげますよぉ~。

|

« 2012年7月31日 | トップページ | 2012年10月1日 »