« 2009年5月12日 | トップページ | 2009年6月8日 »

2009年5月26日

2009年5月26日 (火)

ネタがあるようで、無いようで・・・・

Dscn0167 意外や意外でこの不景気な世の中にしてバタバタとやってはいます・・・・SKRでございます。

で、怪しい盗撮画像からスタートな近況報告ですが、何をしてるかって言うと、ウェブマスターの登場でチョロっとホームページをリニューアルしようかと企んでるところであります。

夕方に、まだ仕事してるんですけど、電気消して真っ暗な感じです・・・・・。

ただでさえシャッター締め切ってるSKRですが、さらに電気まで消しちゃってたら、そりゃ、誰も来ませんね・・・・・。

Dscn0171 薄明かりの中、正直ボロボロな機械をうまいこと高級感タップリで写真に収めたくてライトアップな感じです。

ボロボロって言ったって、当時の新品価格は1千万超えの機械ですから、なめてもらっちゃ困りますよ!!それこそ、機械だけじゃ動きませんから、CAD/CAM買ったり、刃物くわえるツール関係そろえたり・・・・当然、エンドミルとかの刃物だって・・・・・・。

私的にはフェラーリ買うようなもんですからね・・・・・(笑)

で、求人ネタでネットのニュース見ていたら面白い物があったので、思わずブログ書いてみようかと思った次第です。以下はコピペです・・・・。

*******************************************

阪急グループ創始者の故小林一三さんは、「お金」についてこんな格言を遺している。

 「金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない」

 給与明細をぶっちゃけてバッシングしたり、他人をうらやんだりしている間は、何も起こらない。むしろ、資本主義経済を後退させている。我々が、格差社会を「給与=お金」のことだと思いこみ、その「明細」のチェックに余念がなくなったら、労働意欲や向上心は絶対削がれる。変革の意欲なんて生まれてくるわけがない。

*******************************************

ちょっと、グッと来ました・・・・・・。まぁ、うちの規模はどうであれ、自分自身に置き換えたら、小僧の頃、技術を身につけていくうえではお金とか、正直何にも考えていなかったなぁ~なんて思いました。

ただのサラリーマンなのに、タイムカード押してから何時間も仕事してみたり・・・・なんて事もやっていましたね・・・・。文句言われるの嫌で、『俺のプライベートタイムだっ!!』とかのメリハリになるんで、勝手な大義名分にして、技術を習得していました。周りの人間はそんなことは知らずに普通に仕事してるわけですから、何かあったときには逆の事でも色々問題はあるんでしょうが、んなこたぁ~まったく考えないで、自分本位で仕事してましたね・・・・。

で、この記事からさらに奥に行ったらこんな記事もありました。

****************************************

「1人雇うためのコスト」ってどのくらい?

C君の職場は残業続き。人を増やしてほしいと思うのですが、会社は採用に慎重で増員の気配がありません。上司に不満をもらしたら、「人1人雇うのに、どれだけかかると思っている?」と言われました。さて、従業員1人にはどのくらいのコストがかかっているのでしょうか?

(1)年収分の金額

(2)年収分からその人が稼いだ金額を引いた額

(3)年収の約1.5倍から2倍

(4)年収の約10倍の額

答え
 1人当たりのコストは福利厚生施策などによって異なりますが、だいたい年収の1.5倍から2倍になります。給料以外にも保険料や退職金がかかることは前項で説明したとおりですが、他にも通勤定期代や事務所で仕事をしているスペース(地代家賃)、電話代や電気代など、「あなた」にかかるコストは、あなたがもらっている年収よりもはるかに多くなるのです。

 正解は(3)です。

自分は会社のコストだと認識する
 人は会社の最も大切な経営資源です。優秀な社員の人がいて、ノーベル賞を取ったりすると会社の株価は一挙に高くなります。人はまぎれもなく会社のいちばん大事な資産ですが、どれほど値打ちがあっても、人は決して貸借対照表に「資産」として載ることはありません。では、人の費用は決算書のどこに出てくるかと言えば、損益計算書の「人件費」(給料や福利厚生費)として出てきます。つまり、私たちの費用は会社の「コスト」です。

 会社に勤めていると給料をもらうのは当然の権利で、自動的にもらうものと思いがちです。1週間夏休みをとっても、風邪で会社を休んでも変わらず給料は振り込まれると信じています。しかし、それは決して当然のことではないと、すべてのビジネスパーソンの方々に認識していただきたいと私は思います。毎月毎月、含みの売上が上がるから、私たちは給料を受け取ることができるのです。

 言い方を変えれば、給料を払い続けられるように会社をかじ取りしていくのが経営者(マネジメント)です。これを意識できると、経営感覚がすごくついてきます。

*****************************************

これも、勉強になります。なんとなく独立して仕事初めて、色々やっていくうちに一人では無理になってきたんです・・・・。でも、経営者と言えば経営者かもしれませんけど、所詮、技術屋ですんで、雇い入れるのも勉強です。明日のSKRの為に・・・・・って思うようにしてますが、いかんせん、捨て金が多い気がします。まぁ、日々、勉強ですね・・・・・・。

1313194_img で、前にも撮った画像ですけど、同じような写真を撮りました。

と言うのも、アライメントで入ってきた車両をやろうと思って、どこまでやるか????なんですけど、コーナーウェイトでも取ってやろうかと思ってレベル出しの段取りをしてみました・・・・が、こんな事も、正直、余計なことかもしれませんよね・・・・・。どこをお金に変えるか???って難しい仕事です。

単純に、お金のこと考えないからこういう事が始まっちゃうんですけどネ・・・。

1323202_img_2 コーナーウェイト取るのって、普通にレースやるのに必要なので購入したわけですが、お金に変わる物なのかって、正直微妙です・・・・。お金に変えれば良いんですけど、そうそう、無いと言うのも現実かな?????

ただの体重計にしては高価なものです。でも、これを本当にコントロールしだしたら重要な物です。でも、町乗りの車には正直厳しいですからね・・・・・。左右差とか、クロスでも自分でOKと言える所に入れるのは正直無理かな?????

まぁ、やってみるからわかることですけど・・・・・オーナーさん了解の上でやっていかないと、あわせられるものだと思われても難しい・・・・・。お金にするのは難しいですね・・・・。でも、自分の知識や技術にはなっています・・・・・=プライス・レス・・・・・・って、商売じゃないじゃないですか・・・・(笑)

1323215_img とか、考えてたら、やはり売れる物を見ていただかないと、商売にはならないのかな????なんて思ってきまして、ホームページ・リニューアルに構想が進んできた次第です・・・・・・・。

商売になる部分と、商売になっていない部分・・・・って、微妙ですけど、お客様からお金をいただくと言う、商売の原点に返ってホームページでわかりやすく出来ないか????と言うのを考えてみようかなって思ってる今日この頃です。

1323219_img で、色々写真撮っていて思ったんですけど・・・・・

解かりにくいねぇ~SKRの売り・・・(笑)

商品として上げられるものはあげていくようにしますけど、例えばドライブシャフトのオーバーホール・・・・・とかね・・・・・・。

実際は何やってるんだかわからないものばかり・・・・・。どう表現するかが難しいです。

でも、肝は押さえてるつもりですよ・・・・・。その肝をお客様にどう伝えるか・・・・・・って、そうか・・・・・それが、SKRの商売か・・・・・・・。

なんて考え出したら、引用していた言葉に重みを感じて・・・・・、思わず、近況報告的にアップしようと思った次第でした・・・・・・・。

何が言いたいのか、わけのわからないブログですけど、何も言わなかったら伝わらない・・・・・そこをどう表現するか???文章って難しいです・・・・・・。でも、何か発信出来るように・・・・・・日々精進だね・・・・・って、これもお金になんて全然ならないもんねぇ~。

と、愚痴っちゃー愚痴な感じでボチボチ仕事をしておる、SKRでございやした・・・・・。さて、再来週は鈴鹿っす・・・・と、その移動日の前日に筑波なお話が・・・・・・。一発、床抜けるまでアクセル全開と逝っときますか?????????

|

« 2009年5月12日 | トップページ | 2009年6月8日 »