« 2007年9月4日 | トップページ | 2007年10月31日 »

2007年10月8日

2007年10月 8日 (月)

怒涛のレースラッシュ

いやいや更新またもや遅れてますけど10月入りましてサーキット連荘でございます。

10月5日(金)はGTCC筑波草レースでございまして、うちのボロボロCR-Xの興し作業?!もボチボチ進めながら行ってきまして、帰ってきた次の日の6日(土)~7日(日)はもてぎシビックというなかなかハードな週末でした・・・・。

1202048_img  まずは・・・・・・・・・・

あっ、これ違いますね・・・・・・。

いやいや、まとめてアップですので情報量がこれまたいっぱい・・・・。

この写真はもてぎのオーバルの方で行われていたエコランをチラッと見に行ってきた時の画像ですね。はい、目玉オヤジですけど何か・・・・・。

数年前に私もエコランに出場したことがありますのでちょっと気になってまして見に行ってきました。

B1bb それは置いといてGTCC・・・・久々のいい天気でしたが、暑すぎます・・・・・。タイムデナイ・・・・。

予選で数分走ったら赤旗になってしまい。えっ?!これで終わりっ?!ってことになって全然アタックできないうちに終了?!と思いきやふと後ろを振り返ったら走ってるじゃないですか・・・・・・。でも、もう時すでに遅し・・・・・。全然アタックしないまま終わってまして結局7台エントリーの私のクラス(ハイパークラス)中6位・・・・駄目じゃないですか・・・・・・・。

ただでさえ遅いエンジンの私の車・・・・こりゃ困ったと思いきやスタートばっちり決めて抜く抜く!!第一ヘアピンはご覧の通り・・・・あの、そこはコースですか?!見たいなところがきれいにあいてたので思いっきり飛び込んでかなり抜かさせていただきました・・・・ごっつぁんです。

D2aa_2   E2da で、マンマと2位まで浮上でございました・・・・・。やったねっ!!前回3位でして今回2位・・・・次は逝ったるでぇ~!!

なかなか怒涛の追い上げで面白かったです。しかもCR-Xバトルでしたから尚、面白かったですね。相手はブイテックですからね。まだまだZCでがんがりますです、ハイ。

なんにしてもお客さんも7台ぐらい行っていたので大変でしたね。レース前の走行会枠にも走っているお客さんがいたのでそちらも気になり・・・・・・。なかなかハードでしたがなかなかの大人数で参加するサーキットはやはり面白いですよ!!

で、早々にGTCC話は終了しちゃいますね。駆け足で今度はもてチャン話・・・・。

1202040_img またも必勝を祈願してのタイヤペイントの儀式を行い撮影会です・・・・・。前回より濃いペイントに青木君必死の撮影です・・・・・。

土曜日入りでテストをしていたのですが、どうも、ブレーキが踏力一定なのに効いたり効かなかったりすると言う訳の解からない症状が出るらしく、ローター&パッドを交換してみたりしてどうやら大丈夫なのかな????と言うことで土曜日は終了。

色々他の要因も考えられるので色々想定するように私からは言っておいたのです・・・・・・。

1202042_img_2 で、今回も鈴鹿組遠征に来ましたよ。中央の#23がチーム東北のいつもご一緒の車両。で、#25(左)が鈴鹿組のブリッド号ですね。#17は我等が青木号・・・。

鈴鹿組にはセナルト社長御大も応援に来てまして、みんなで仲良く、しかし、それぞれの思惑でレースをしております。当然レースですから負ける負けないの話ですからね。黙々とやるわけですな・・・・。

で、そんな状況だったわけですがまさかこんなことになるとは・・・・・

と言う結果でした・・・・。青木君は予選3位と言うポジションで連続ポールの定位置は譲り渡す格好からレーススタート・・・・・・。

1周目の確か5コーナーだったかな?ブレーキフルロックですよ・・・・軽いコースオフで順位を落としそこから追い上げ・・・・って思ったのですが、まさか、仲間内でぶつかりまくってしまったレースになってしまいました。当然ぶつけるつもりがある分けないのですが、レーシングアクシデントあり、青木君に至っては前日に出ていたブレーキの症状がどうやら思いっきり出ていたようです。「タラレバ」は無いですがやはりローター云々とかではないですよねぇ~。直しきってレースに望ませてあげられなかったメカサイドのこちらのミスですね。

踏力一定で効いたり効かなかったり・・・・・これで色々考えて、今ゆっくり考えるとローターが研磨品とか言う話ではやはり無いと思います。高速で回転しているローターをつまむパッド、ローター云々ではなかなか考えづらい・・・・。負圧関係はテストの段階では私は気になりドライバーには伝えたのですがこれも後になって考えれば効かない方向にはマスターバックの関係でありえても効く方向には作用しないのかもしれませんね。強烈な負圧が発生するのもあまり考えたくは無いですし・・・・。と言うことで、レース屋さんの集いであるわけですからレース後、鈴鹿組や東北組とディスカッション・・・・・。どうも、Pバルブがぼけてるのもありえるのではないか・・・・・同じ踏力でリヤに行く圧力が変動することがあるのならフロントに対する踏力はペダル踏み代とは関係なく変化する・・・・・。なるほどこれかもしれないですね・・・・・・・・。

しかし、色々考えて結局レース中に出てしまうというのは何故なんでしょうか・・・・このパターンはよくあるといえばよくあるんですけど悔しいですね・・・・・。

結局、一番被害を受けてしまったのはチーム東北#23の多聞さんでした。どうやら、#25とも当たり、#17青木君にはハードにヒットされ・・・・この場をお借りしまして私からも申し訳ないです・・・・・。

青木君も今回ばかりはひどい落ち込みようで・・・・・・。人に危害を加えたのはさすがに初めてのようで・・・・まあ、多少のレーシングアクシデントは何度もあるでしょうがトマホークミサイルになるとは思っていなかったようで・・・・・・・。

結局、「危険なドライブ行為」でペナルティーをもらい1周減算で後ろから1等賞と言う結果でした。次回はお互いに気持ちを入れ替えて最終戦、行きましょうね。

1202033_img 1202034_img 1202035_img

で、気持ちを入れ替えて今回のもてぎは前出のエコランが同時開催の絡みで近くの宿がかなりいっぱい。でしたのでいつもの宿ではない所、焼き物の町益子焼の益子に泊まりました。なかなか面白い所でしたねぇ~テレビもラジオも何にも無い素泊まりペンションでして、あまりにもすることが無くて10時半には寝ちゃいましたよ。まあ、寝不足続きだったのでちょうど良かったかな?

1202052_img で、最後にエコラン話・・・・・。

もう、10年以上前なのかなぁ~私が作って出たのは・・・・・。

すでに当時からトップチームはECU制御のインジェクションになっているはずです。1リッターでずっと走るわけではなく、多分計測5ラップで使った燃料から燃費計算で結果をはじき出す方式です。

最低スピードが決まっているので計測5ラップを基準タイム内にゴールしないといけないレースです。ですからエンジンを切って惰性で進むのもOKです。その際の転がり抵抗も非常に重要な課題のはずです。これにもまた作って出てみたいですね。学生クラス、一般クラス、それと目玉オヤジみたいな普通のカブで走らせ方で競うクラスやカスタムのミニカーみたいなのを作って二人乗りのクラスなんてのもあったりで写真も色々あったのですけど相変わらず私の話が長すぎですねぇ~。

文章量多すぎです・・・・・・、今回はこの辺で・・・・・ね・・・・・・。

と、まぁ、色々気になる週末でしたので何せ疲れましたよ。余計なことに色々突っ込みすぎの考えすぎなんでしょうかねぇ~・・・・・また、髪の毛薄くなりそうです(笑)

|

« 2007年9月4日 | トップページ | 2007年10月31日 »