« REVアタックこぼれ話・・・ | トップページ | もう、無理っ!! »

2006年12月11日 (月)

GTCC最終戦

GTCCという名の草レース。筑波サーキットでは、ほとんどこのレースしか草レースは残っていないのかもしれません。で、このレース・・・NAが熱いっ!!86も多く、こんなに未だ86残ってるの?!というぐらい多いかも(笑)。それと、ロードスター、当然、シビック・・・・。

が、しかし、これまたCR-Xもずいぶんと多く、CR-X好きな私としてはうれしいレースです。うちのお客さんも数台参加しており、現地セットアップにも協力できて、且つ、自分も楽しく走れる・・・・。最高ですっ!!

で、以前から、知ってるのは知ってたのですが、なかなかお話しする機会が無かった方々と交流する機会を頂き、飲み会なるものを兼ねて、REV終了後に一度SKR帰還。で、CR-Xを積載車に積み込みまた筑波にとんぼ返り・・・・・。なかなか、濃い面子でしたが、無事に交流終了(内容は・・・・・・・?!)。

で、で、で、、、、、、ここからが本題っ!!GTCC最終戦に我がCR-Xは初めて15インチを投入いたしました。CR-X自体のコンセプトはかつてのレースカー風?なので、ブレーキも大きくしないで14インチのまま・・・・195-60-14のA048・Mコンパウンド。

軽量化は意識しつつ、色々、やってはきましたが僕のベストは6秒フラット。うちの柴が乗ってベスト5秒6ぐらいだったか?

結論から言うと、15インチは良いですねぇ~。動き的には若干ピーキーにはなってしまいましたが、こうでないとタイムも出ない感じかな?

1131362_img_1 で、実現しましたよ!!夢のZC対決っ!!  HYPERというクラスで予選はZC暦10年以上のベテラン、エフドリダー戸辺さんが前で5秒273、俺が5秒860、で、後ろが、戸辺軍団の方、6秒210・・・・。

戸辺軍団にロックオンされました(笑)。3台同じCR-XのEF7です。ZC猿人搭載車両のバトルですね!!もう、レース順位なんてどうでも良い感じっ!!ZCバトルで一番になれるかどうかっ!!

で、決勝前に雨がぱらついてきましたよ・・・・参ったぁ~!!

そこうしてるうちにエフドリダー氏はA048のG2S4本装着です・・・・・。で、後ろの方はトランピオのハイグリップラジアル(R1Rだっけか?!)装着で、雨対策ばっちり!!というか、雨レース想定・・・・。俺は当然チョイスするタイヤも無く・・・・A048 Mコン・・・・・。

雨が上がれば勝算あり(ニヤリ)・・・・・。が、やっぱ、雨・・・・ちと強くなってるじゃありませんか・・・・・!!で、ヨーイドンっ!!で、1コーナー進入までに前の車に並ぶ良いスタートが切れて、エフドリダー氏の真横、イン側に並び、モラッタっ!!と、思った矢先に、スピン・・・・・・・。

ありゃりゃ・・・・・、で、後ろの方避けきれず、接触・・・・。ごめんなさい・・・・・。

1131363_img ちと、バンパーがひしゃげてますが・・・・・。とりあえず、ここから追い上げっ!!と思ったら、みんなしてあっちこっちでタコ踊り連発でしたね・・・・・・・。

そうこうしているうちに・・・・あれっ!!何かグリップあるな・・・・・。

そうです、ライン上は乾いてきたんですよ!!そこから、もう、完全全開アタックモード・スイッチオンっ!!

でも、さすがに前には届きませんでしたけど、一様、ベストは更新の5秒385でした。これ、最終ラップね!!あと、もう2周あれば、届いてたのに・・・・・。惜しいけど・・・・、スピンしちゃ駄目駄目。

とまあ、次回につながるベスト更新でしたので、夢のZC対決には敗北しましたが、また、来年・・・・・。今度こそ、頑張りますよっ!!でも、その前にどこかでベスト更新狙いのアタックしにいきたいなぁ~~~。あ”~暇が無い・・・・・・・・。

|

« REVアタックこぼれ話・・・ | トップページ | もう、無理っ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114162/4506463

この記事へのトラックバック一覧です: GTCC最終戦:

» 筑波のサーキットでレースをしよう!! [筑波のサーキットでレースをしよう!!]
筑波のサーキットでレースしませんか? タイムトライアル等もしたいです。 またガレージショーやラジコン等をしてくれる仲間をさがしております。 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 10時42分

» 筑波サーキットコース1000 2007年暫定スケジュール [筑波サーキットの話と筑波 サーキットの魅力]
筑波サーキットコースは日本でも有数の超テクニカルなレイアウトと言われている。高低差が少なく、二本の直線を大小の複雑なコーナーで結ばれており、コースのコンパクトさも重なってマシンのパワー差などがラップタイムの差に表れにくい。したがってレースとなればサイドバイサイドの白熱した展開は必至で、レーサーにとっては一時も気を抜けないつらいコースといえよう。一方ファンにとってはどの観戦ポイントからも... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 22時46分

« REVアタックこぼれ話・・・ | トップページ | もう、無理っ!! »